企業がブログを投稿したほうが良い3つの理由

おきWEBが提供するサービスでは、必要あれば「ブログ投稿機能」というのもカスタマイズしておつけするようにしています。

そこで、「ブログ機能はおつけしますか?」という質問をさせていただくことも多いのですが、その時に「ブログってやったほうがいいんですか?」という質問をいただきました。

今回はその質問にお答えして行こうと思います。

結論から言うと、ブログはやったほうがいいです。

もちろん必ずしもやらないといけないわけではありませんが、やらないよりはやったほうがいいです。

特にWEBからの集客に力を入れていきたいと考えているのであれば尚更、ブログは必要になってくるでしょう。

沖縄はまだWEBサイトでブログを更新していないので、それだけで差別化を測ることができるようになります。

ではなぜ、ブログを更新したほうがいいのか。

3つの理由を説明していきます。  

 

 

1:検索順位が上がる

WEB集客においてもっとも大事なのが「検索からのアクセス」です。

おそらくあなたも何かを調べる時にはgoogleで検索するのではないでしょうか。

検索からのアクセスを集めるためには順位が大事なんですよね。

例えば、「沖縄」と検索した時の順位は現時点でこんな感じです。

この時に、上に出てくるページほど、アクセスは多くなるんですよね。

実際に、1番目と3番目ではクリックされる回数が2倍近くも違ってくると言うデータが出ています。 ど

んなページが上にでやすいかというと、Googleから評価されてるサイトが上に出ます。

ブログを投稿するということはWEBサイトのページ数を増やすということでもあるので、Googleの評価が得やすくなります。

「地域名 業種」で検索された時に上に出てくるかどうかで集客力はかなり変わるのですが、やはりそこを狙うならブログの更新はしたほうがいいでしょう。

ブログの記事数が増えてくると、検索でのキーワードに引っかかりやすくもなるのも大きな役割です。  

 

2:信頼度が上がる

単純に、更新がない企業よりもマメに更新される企業の方がお客様の信頼を集めやすいです。

更新がストップしてしまってる企業だと「大丈夫かな?」という気持ちにもなりますが、定期的に更新されてると安心感がありますよね。

そして活動の中身などをブログで発信することで、透明化されるのでこれも信頼関係を築く上ではかなり大事になってきます。

その会社がどんな会社で、どんな人がいて、どんな雰囲気なのか、を伝える手段としてはブログはぴったりです。  

 

3:活動の記録になる

日々の業務に追われると、毎日をなんとなく過ごしてしまい「いつ何があったか」ということを忘れがちになります。

ですが、そういった出来事もブログに残すことによって会社の記録にもなっていきます。

あなたの会社が今後大きくなった時に「あの時はこんなことがあった」というのを後に残すことができます。

実際、あの大企業の『サイバーエージェント』は、立ち上げ初期の頃に社長の藤田晋氏が書き続けていたブログがきっかけで書籍にもなったりしています。

初心を忘れないようにするためにも、ブログでログを残してみてはいかがでしょうか?  

 


 

沖縄で格安でホームページ制作をお考えなら おきWEBが月額4,980円で制作致します。

途中解約料金なども必要ありません。

圧倒的低コストでハイクオリティなサイトを 制作いたします。

詳細はこちら

 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP