『クリエイターの価値を下げるな!』と言われた話

おきWEBの思いとしては、できる限り低コストでハイクオリティなWebサイトを提供することを心がけております。

価格が安いからといって、一切手を抜いてるわけではありません。

というのも先日、とある方とお話する機会がありまして、そこで言われた言葉が

ホームページ制作を安く請負い過ぎて、エンジニアの単価が下がってしまってる。
日本の企業はもっと制作の単価をあげてエンジニアの価値をあげるべきだ

と面を向かって言われました。

おそらく競合に当たる私たちが、相場を破壊するような価格で請け負ってることを、よくは思っていないのかもしれません。

まぁ僕はこの言葉を聞いて「おかしくないですか?」と思ったんですよね。

なぜならこの意見は、依頼者の都合を無視してると感じたからです。

製作者側の都合だけの意見で、依頼者側(ホームページを必要としてる業者様)の都合が全然考えられてないんですよね。

ホームページ制作の相場ってどれくらい?

確かに、エンジニアの価値をあげるならホームページ制作においてもっとお金をいただいた方がいいのかもしれません。

実際にホームページ制作の相場は安くて20万円、高くてその10倍くらいするのが普通でした。

しかし、とはいってもできる限り経費を削りたい業者様はそこに資金投下をするのが難しい現状もあります。

僕も会社をゼロから立ち上げたときは資金繰りに苦労したので、広告宣伝費に何十万円も使ってられない現状がありました。

今は技術も発展して人間がやる仕事もどんどん省けてエンジニアの世界にも「効率化」を測れるようになりました。

そこをうまく利用し、弊社では極限までコストカットを行いクオリティの高いWebサイトを提供できる形を作りました。

それが相場を完全に無視していると言われても構いません。

私が注視したいのは、あくまで依頼者(必要としてる人)と向き合っていきたいからです。

あまり広告宣伝費をかけられない状態の時に、サイト1つに何十万円もかけられなかった体験をしたからこそ、そのハードルを払拭したいという思いがあります。

決してクリエイターの価値を低く見積もっているわけではありません。

ただ、ユーザー様目線でのサービス提供が何よりも重要だと思っていてそこが抜けるとビジネスにはならないと思っています。

ですので、弊社はこれからも沖縄で一番中小企業様のWEB集客の味方になれるような企業・サービスを追求していこうと思います!

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP